スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国【上海・北京】ユーザーの年代別傾向

最近、尖閣諸島の問題で日中の関係悪化が懸念されていますが、今のところ民間における交流にはさほど影響は無いような感じですが、アンテナだけはしっかりと張っていなければならないでしょうね。要注意です。

さて、中国におけるインターネット人口が5億人に届こうかとしています。

いやらしい話、一人ずつから1円いただくことができたら何と5億円!!(笑)

いやはや「数は力なり」とは良く言ったものです…



本題に入りますが、今年、日経ビジネスが行なった調査で興味深い結果が記事に出ていました。

中国市場に参入する際のヒントが隠れているようですので、参考にしてみてはいかがでしょうか?



■10代の消費意識

「衝動買いをする」33.7%

「買う前によく値段を比較する」19.8%

意外とお買い物に対して貪欲みたいですね…

しかし現段階においては学生が中心なので収入に限りがあるため、購入単価はそれほど高いわけではないみたいです。
でも、この年齢層の5年、10年先は中国における消費者ターゲットとして、かなり注目されるでしょうね。


■20代の消費意識

「新製品はすぐに試してみる方だ」49.0%

「流行など新しいものの刺激を受ける生活がしたい」27.7%

新しいものに対する関心が高く、また、それの購入へと動きやすいのがこの層の特徴みたいですね。

また、多かった意見で

「多くの人が同じものを持つと興味がなくなってしまう」21.8%

プライドが高く、自己を際立たせたいという、中国というお国柄らしい結果ですね。

他人と違うことで満足する、日本でもつい最近まで同じ意識がありました。

「限定」や「1点もの」…この言葉についつい財布の紐が緩んでしまう。。。あなたにも覚えがありませんか?


■30代の消費意識

「計画的な買物をすることが多い」29.2%

10代、20代と比べると、理性的な判断をする傾向にあるようです。

興味深い結果として、多かったのは

「ものを購入する際には、ブランドを意識する」31.2%

ここでの「ブランド」とは必ずしも高級ブランドを指しているのではなく、信頼できる商品を選ぶ際の「メーカー」という意味で捉えられているようです。

まさに、堅実な買物志向の世代らしい結果ですね。

ネット通販で日本の商品を主に購入されている年齢層がここに集中しているのも納得です。


■各年齢層に共通する人気商品

☆UGGムートンブーツ ※これからの季節、まだまだ売れそうです♪

☆大塚製薬「ソイジョイ」 ※基本的にダイエットフーズ(補助食品)は人気がありますが、なぜか「ソイジョイ」は中国の女性のお口に合うようでございます…♪

☆無農薬野菜を原料にした野菜ジュース ※朝食を抜くOLさんたちに大人気らしいです。日本の野菜ジュースって美味しいし、安全ですもんね♪

☆ユニリーバのシャンプー  ※髪の薄い私には良くわかりません(笑)



あなたも中国ユーザーにむけて通販してみませんか?【格安で出品代行】
スポンサーサイト

中国人による日本商品の楽しみ方

●見てるだけでも楽しい日本の商品

万国共通、ショッピングは楽しいものです。

私も国内で小旅行した際には、土産もの売り場でウロウロと土産探しを楽しんでいます。

「どれにしようか」と悩むのが楽しいですよね。

特に「ご当地もの」の菓子などは色んな種類があって、迷ってしまいます。

この時ばかりは「優柔不断」な時間を満喫しています(笑)


中国のあるブロガーが日本に観光で訪れた際に、ドラッグストアとコンビニの商品ラインナップに感動した記事をいただきました。

本人曰く、「いったん店内に入ると、帰りたくない」との事。(笑)

結局、アレもコレも買って帰られたそうです♪


●目移りさせることの重要さ

見てるだけで楽しいワクワク感、これは購買欲を掻き立てさせる重要な要素です。

例えば、コンビニでおにぎりを買うにしてもたくさんの種類から選ぶ楽しさから、1個のつもりが2個買ってしまった、なんてことは良くある経験です。

昨今、中国人によるmade in japan商品の大人買い(?)が目立ってますが、しっかりと目移りさせることを意識しながら、つまりは、ショッピングを楽しんでもらうことを意識することが重要だということですね。

それはインターネット通販においても特に留意する重要なポイントです。


●結局、ブロガーは何を買って帰ったのか??

さて、そのブロガー(女性)は、ひとしきりウロウロと目を輝かせながら店内を徐行し(笑)、
カップラーメンを全種1個ずつ、
野菜ジュースをまとめ買い(日本の野菜ジュースは特段美味しいとのこと)、
目薬
乳液(無添加無香料)
耳専用のローションと綿棒(小○製薬:天使の…)
ホットアイマスク(花○:めぐ…)
歯磨き粉
バンソウコウ(液体)
メンソレータム

などなど…

あ、あとフライドチキンもだった(笑)

何となく、日本に何を求めているのか見えてきませんか?


あなたも中国のユーザーに向けて日本の商品を販売しませんか?

中国ひとりっ子政策に潜むニーズ

皆さんも、ご存知だと思いますが中国では過大な人口増加を抑制するために、夫婦の間にもうけられる子どもは原則一人のみ、とされています。

どの国でも「子どもは宝」

それが、一人っ子ともなれば、それはもう夫婦にとっては宝以上でしょうね。

事実、中国では子どもにかける費用が半端ではありません。

衣食住はもちろんですが、教育・医療・玩具etc…子どもに関してはお金に糸目をつけません。


そこで富裕層や中間層と言われるほとんどの親御さんは日本の商品に注目しています。

特に食品や衣料品、文具、玩具と子どもが手に、口にするものをこぞって購入されています。

昨年比で見てみると3倍を超える出荷量です。


ビックリですよね!


でも、ここに大きな可能性とチャンスを日本の小売店さんは見出して欲しいですね。

必ず中国の親御さんのハートを打つ商品が日本には多数あるからです。

足踏みしている間に、立ち遅れてしまっては勿体無いですよ!

あなたも中国の「ひとりっ子」巨大マーケットで販売できます!


現在、中国のネット通販で頻繁に利用している年齢層は20代後半から30代、まさに親世代なのですから…


中国人が日本商品をネット通販で購入する理由

中国富裕層があなたの商品をバンバン購入!


最近、テレビのニュースなどで中国から多数の富裕層が日本観光に訪れる光景が連日報道されています。

インタビューに答える中国人観光客は、ほぼ「ショッピングを楽しみたい」「おいしい寿司が食べたい」と答えているのが印象的です。

ショッピングに関しては一様に中国人観光客は「安い」と口を揃えてますよね。

中国では、こっちで販売されている価格の約2倍から、高値になると6倍くらいで販売されているのが現状です。

6倍はやっぱり高いですよね(苦笑)


で、あれば、やっぱり現地に訪れて観光も兼ねてショッピングしたほうが断然にお得、ということです。



しかし、ショッピング目的でしょっちゅう日本に来るわけにもいかない…

そこでチャンスなのが「ネット通販」ということです。


通販利用のメリットは、

1.手に入れにくい商品の購入が可能

2.安く購入することが可能

3.自宅に居ながら買い物が可能

この3つに限ります。


それは中国のネットユーザーも全く同じです。

現在、中国のネットユーザーは4億2,000万人超と言われていますが、そのほとんどのユーザーがネットショッピングを利用しているとも、言われています。

が、日本からの提供量が絶対的に不足しているのも事実です。


私達が日本にいると、なんでもないモノが、とても魅力ある商品として中国ユーザーに受け入れてもらっています。


最近では、季節がらなのか

日焼け止め

脱毛器

髪染め

日本茶

梅干し

などが良く出ているようです。


パっと見ると何でもないような物ばかりですが、売れるんですねぇ


日本国内には様々な小売店さんが数多くありますが、是非、国内の内需だけにとどまらず、この巨大なマーケットに飛び込んでもらいたいものです。

あまり難しく考えずに…♪

あなたも好景気な中国マーケットで稼いでください!

中国⇔日本【為替レート】

中国⇔日本【為替レート】2010.08.30 10:00現在


100.00(日本円)→7.96(中国元)

1.00(中国元)→12.55(日本円)
プロフィール

アジア商業支援センター

Author:アジア商業支援センター
中国ユーザー向けネットショップ「日本ぷれみあむ」のオーナーです。色々な日本商品を中国ユーザーに出荷しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
おきてがみ

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。